プロフィール

フォトアルバム
エリザベス

厨房との垣根を飛び越えてカメラ片手に(両手かな?)フランス料理店の舞台裏をご紹介。お店が目指すアットホームな雰囲気が伝わればいいなぁ~・・・と日々格闘中です。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

賞品到着!

何度勧められても
どれだけFAXもらっても
拒んでいた【ぐるなびレシピ】なのに
《食欲の秋!新鮮食材プレゼントキャンペーン》
ってワードで初めて参加しました。
(本ページで紹介中)


で、昨日、届きました!

国産豚肉【豚王】のロースブロック500g
restaurant美味しい《まかない》に期待が募りますnote

ぐるなびさん・・・ありがとうございましたfoot

2007年10月26日 (金)

姫か乙女か?

1日ごとに秋の深まりを感じますね。
季節を実感させてくれるのは気候と食べ物。
果物は季節の移り変わりの一つの指標ですよね。

で、お店のスタッフが
「可愛かったので買って来ました~sign01
と、出してきたのが姫リンゴ。
甘さ控えめのコンポートになりました。

何とも愛らし~いheart02

ところで、買ってきたパックに【乙女】って表示。
えぇ~っsign02【姫】じゃないのぉ~sweat01

よ~く見ると【アルプス乙女】だって。
ハイジとは全然関係なくて、日本は長野県で取れる姫リンゴの品種名だそうな・・・でも、アルプスは乙女じゃなくてやっぱり少女ですよねsign02
「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」なんて言われるそうな・・・

このサイズのリンゴなら何個必要なんだろう?

2007年10月22日 (月)

【本日のジビエ】ができるまで


フランス料理のお店では
この時季になれば・・・やっぱりジビエ。
欲しいものが絶対に手に入るとは限りませんが・・・
届いてからしばらく熟成させます。

羽根を処理してからも頭を付けたまま
しばらく熟成の度合いを伺います。

そして、いよいよお客様に提供できる状態に・・・

ちょっとグロテスクかなぁ~と躊躇しましたが、
やっぱりこの時季ならでは・・・なんで紹介しました。

重めの赤ワインをちびちび飲りながら、秋から冬の食卓を楽しんでいただければ嬉しいですhappy01scissors

本ページの【耳より情報】も併せてご覧下さい。

2007年10月20日 (土)

ボルドーワインフェア

ぉ気楽な乗りで【ボルドーワインフェア】に
参加申し込みをしたら
ポスター、ワインクーラー、ワイングラス等が
ど~んと送られて来ました。
で、コーナーを設けて飾ってみました。
もちろんワインに合うお料理も提案flair

期間中はMICHEL LYNCH(ミッシェルリンチ)の
ワイン(赤・白)をグラスワインとしてご提供。
是非一度お試しいただきたいですnote

2007年10月17日 (水)

秋の香り(韓流ドラマ・・・みたい?!)

ド・ドォ~ンsign03

カナダ産の松茸です。
フランス料理に松茸?
って感じでしょうが、
お皿に飾り程度に添えて
秋の香りをちょっとだけ
お楽しみいただいてます。
(香りが伝われば嬉しいなぁ~)

フランス産のキノコも続々と
到着しています。
また是非ご紹介しますね~scissors

2007年10月15日 (月)

長崎からの鮮魚

長崎からshipではなくrvcarに乗って
神戸に着いた~~noteお魚たちです。
(こんな歌、知ってるsign02

左からチヌ、コロダイ、カンパチ。

長崎はシェフの第二の故郷・・・
ハウステンボスに勤務していた時代、
平戸~五島列島沖は彼の磯釣りのフィールドでした。
よってそこから送られてくる魚を知り尽くし、
その味に自信を持ってメニューに生かします。

かく言う私は・・・魚が苦手sweat01
彼の釣果のウロコ取りに悪戦苦闘・・・
台所の壁にいつの間にか飛び散った乾いた黒いウロコを
何度発見したことか・・・wobbly
釣ってきた魚は処理を済ませて1日置いて
魚三昧でいただいたものです。
刺身・・・ものによっては肝醤油で、
唐揚げ・・・骨煎餅が食べられるようになりました、
あら炊き・・・かまに魚と同じ形の骨があるのを知りました、
薄くスライスしてお茶(出汁)漬けで・・・和食屋さんの味に挑戦・・・

釣ってきた当日よりも翌日の方がずっと美味しいコトも知りましたscissors

2007年10月 9日 (火)

終わっちゃいましたが・・・金柑タルト

昨日で終わっちゃいましたが金柑のタルトです。

この大粒の金柑は堺市の【曽呂利】さんからのおすそ分け。
時々、いただきものがデザートに変身。
【曽呂利】さんとは開業以来、家族ぐるみで
おつき合いさせていただいています。
はるばる堺から湾岸線を飛ばしてのご来店に感謝foot
このお店・・・素材にこだわってて味はもちろんですが、
パッケージやネーミングもオシャレですscissors
これからの季節は何が何でも
栗の渋皮煮(正式な名称は??です)が超オススメshine
当店のスタッフも皆ここの和菓子ファンheart02

2007年10月 8日 (月)

昨日のまかない

いろんなお店で【まかない】を紹介されているので、
私も一度はupしてみようかな~・・・と思って

週末のまかないは1プレートになる可能性大。
ランチタイムの後半にバタバタsweat01して
まかないに取りかかれなかったり、
ご飯が炊き上がる時間を待てなかったり・・・
(かく言う私はもっぱら食べる人ですが・・・sweat02
で、昨日=連休の真ん中のまかないはdown


残り食材・・・鶏肉やキノコ等で作ったグラタン
ゴロゴロと見えるのはフランスパンの端っこです。


いただいたすだちを使った
和風パスタ


美味しくいただきましたhappy01scissors

2007年10月 7日 (日)

ハーブを残さないで!

upwardrightみんなよくご存知のタイムです。

お店のスタッフがハーブを育ててくれています。
タイム、ミント、オレガノ、ローズマリー等・・・
シェフの料理にはハーブは欠かせないので
量は全然足りませんが、
この小さなハーブの鉢たちは
みんなの心の癒しになっています。


お料理にはこんな風に・・・downwardright

【骨付き仔羊背肉のポアレ】
トマト、ニンニク・・・そしてタイムの香りでお楽しみいただきます。
シンプルな一皿ですが目で、鼻で、舌で美味しさを満喫してほしいです。

お料理と香草(ハーブ)は一緒に楽しんでほしいなぁ~
最初からよけてしまわれたり、
お皿に香草だけが残っていたりすると残念です。sad

2007年10月 4日 (木)

マンションが次々と・・・

当店の周辺はもの凄く変化しています。
2000年夏のオープンした頃、
近くにあった銀行bank2つが統合により消えて
その跡地にはそれぞれ高層マンションがドド~ンと・・・建っちゃいました。
そして、またすぐ近くで建設ラッシュsweat01

     upwardleftは2年後の秋に完成予定の高層&値段も高~いマンション(現状)
     ここもbankだった・・・(宝くじ売場が目印のあの銀行)


     今朝、シェフが見つけた新聞の1面広告・・・downwardright

右手前の高~いビルが当該マンション。
(もちろん、まだ建設中なのでイメージですが・・・)
その奥=海側に黒く小さく写っているビルの1階に当店があります。
何だか自分がちっぽけに思えたりして・・・sweat02



このエリアはどう変化していくんだろうか?
まだまだ可能性を秘めたこの地で
頑張らなくっちゃ・・・rockangryrock


神戸 フレンチ ヴィザヴィ のサービス一覧

神戸 フレンチ ヴィザヴィ