プロフィール

フォトアルバム
エリザベス

厨房との垣根を飛び越えてカメラ片手に(両手かな?)フランス料理店の舞台裏をご紹介。お店が目指すアットホームな雰囲気が伝わればいいなぁ~・・・と日々格闘中です。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

お腹と相談・・・私のまかない

最初に・・・
皆さん、ご心配ありがとうございましたfoot
徐々に回復upしております。

でも、やっぱりお腹を押えると不安が・・・down

で、昨日のまかない・・・
みんなが野菜炒め定食の横で
シェフはお蕎麦を茹で、私は白いご飯とお味噌汁。

しかぁ~っしimpact・・・・・・年末から頂き物が多くて
お漬物、ふりかけ等、副副菜が結構あったので
全然寂しくない内容でした。

flairMelodyさんに頂きました昆布も登場。
この包装からdownwardright伺えるお上品なお味。

日本人でよかったぁ~・・・scissorsと、
珍しくこの私が実感したのでありました。

2008年1月29日 (火)

ご注意!

先週、木曜日にシェフが突然不調の訴えsweat01
時間経過と共にどんどん顔が歪んで・・・hospitaldash
《急性胃腸炎》との診断。
「何も食べちゃダメsign03」と言われ、
2日間スポーツドリンクのみで過ごした彼は苦し紛れに
「自分だけ苦しいのは悔しいから誰かにうつればいいのに・・・」ってpunch

2日後「胸やけが・・・」と言う私に
「胃薬飲んどけよ~!」・・・で、その声に従ったものの
治まらないsweat01 胃が痛いwobbly 寒いtyphoon
downdowndown
「これってまさか・・・まさか・・・」で同じ症状が・・・
土曜日の夜中はのた打ち回りangry
日曜日は休ませてもらい、月曜日は定休日で2日間・・・寝たきり。

月曜日の夕方になってtvをつけ世間の動きにビックリeye
  大阪女子マラソンでは福士選手が期待外れの結果(納得かもsign02
  大阪府知事選挙では若いタレント弁護士が当選(ちょっと驚きdespair
  (・・・個人的趣味から大相撲の千秋楽・結びの一番だけは
   見逃しませんでした。朝青龍も好きですが、白鵬おめでとうscissors

今日、念のため私もhospitalへ・・・予想通りの診断でした。

先生のお話では
「まだ余り報道されていませんが、間違いなく流行しています。」

我々は・・・まだ本調子とは言えませんが、だいぶ回復upして来ました。
皆さん、お気をつけ下さいsign03

2008年1月25日 (金)

My Revolution

フジTVの朝の番組「とくダネ」で
木曜のコーナー《朝のヒットスタジオ》をご存知ですか?
私はこの時間・・・かなりお気に入りcuteです。
パソコンに向かっていたり、
洗濯や食器洗いの途中でも
tv画面の前に飛んで来てしまいます。

今日のゲストは渡辺美里さんでした。
20年前のヒット曲note『My Rovolution』を久しぶりに聴きear
画面の下に出る歌詞に合せて歌い・・・
・・・・
・・・・
途中から涙sweat02で歌えなくなっちゃいました。

何と表現していいのか解りません。
いろいろなコトが思い出され、
今の自分に立ち返り・・・

今日から卓上花cuteはトルコ桔梗。
何でもないのに、その可憐な花弁に
また心揺さぶられた私・・・
今日はsign04センチメンタルsign04

2008年1月23日 (水)

リンゴ飴


リンゴ飴sign02
日本では夜店の屋台に並んでいるイメージですが、
これはパリのお店の1シーンです。

この写真を見て、ほぉ~・・・と思い、
シェフに「フランスにもリンゴ飴あるの知ってる?」
と聞いてみたところ
「Pommes d'Amour heart02ポム・ダムール」と返って来てビックリsign03


何でも、アラン・シャペルで修行時代に
飴細工で残った飴を利用してリンゴ飴を作っていた彼に
フランス人シェフ(現在、リヨン本店のシェフ)が
「Pommes d'Amour」=愛の林檎heart04
と、教えてくれだのだそうです。

リンゴ飴が載っていたのはこの本の1ページです。downwardright

【パリジャンたちの
   おいしいパリガイド】


実は・・・現在旅行中のギリシャ料理のオリンピアさん
ギリシャからの帰りにパリに立ち寄る・・・と聞いて、
何か情報を・・・とパリに詳しい友人に借りました。
(当店のフラワーアレンジ教室の先生です)
出発間際のオリンピアさんに情報の一部しか
伝えられませんでしたが、
お元気で旅されている・・・と信じ、
帰国が(そしてその旅行記が)楽しみnoteです。

2008年1月22日 (火)

ボキューズ・ドール

昨日、長崎ハウステンボスで活躍中のシェフの先輩から
Big Newsのtelephoneが・・・
神戸のアラン・シャペル~ハウステンボスと
シェフと一緒に修行した仲間の1人が
ボキューズ・ドール日本国内予選で優勝し、
来年のフランス大会へ出場するコトになったのですscissors
ボキューズ・ドールとは・・・
世界的に有名なポール・ボキューズ氏によって
設立されたフランス料理の国際的なコンクール。


優勝した彼・・・シェフのちょっと後輩で、
毎年年末に西海みかんを送ってくれます。
このような友を持てたコトを嬉しく思い、
遠く神戸から彼の健闘を讃えたいshineと思います。
(シェフは既に直接phonetoでおめでとう・・・と伝えたそうです)

また、別の友人からは
「来年は彼を応援しにリヨンへ行こうup」・・・ってmailto
実現したらいいのになぁ~


昔の写真を出して来ました。
スーツを着ているのがアラン・シャペル氏で、
右から2人目が今回優勝した彼・・・
(許可なくupしてごめんなさ~い・・・)
ところで・・・シェフはどこでしょうsign02

2008年1月21日 (月)

食後のお楽しみ

昨日はカルバドス、今日はポルト・・・と2夜連続で
食後酒barを楽しまれるお客様がいらっしゃいました。

ちょっと寂しい話ですが・・・
当店で食後酒を楽しまれるお客様は数える程です。
月末の棚卸しの際に、
「今月はあの方が来られたから減ってます」とか
「先月と同じ残量です」とか・・・話題になる程度。

《カルバドス》
フランス・ノルマンディー地方のリンゴブランデーのコト。黄褐色でリンゴ独特のフルーティーな芳香があり、食前酒、食後酒として飲まれる他
お菓子の風味づけ等に使われます。



《ポルトワイン》
ポルトガルの北部ポルト地方で製造される甘いワイン。ポルト港から積み出されるコトからその名が付いたそうです。当店でお出ししているポルトはその褐色から[トニー]と呼ばれ30年熟成されたもの。ちなみに・・・当店自慢のrestaurant【フォアグラのソテー】に使っているポルト酒は[ルビー]と呼ばれる若いタイプ。

今夜、このポルト酒を楽しまれたのは・・・
私がホテル勤務時代に
ご婚礼notesを担当させていただいた花嫁のお父様。
商社にお勤めだったので海外生活が長く、
様々な食文化の経験をお聞かせ下さいます。
今日も『まず鼻で味わう』ポルト酒の香りを語られ、
「もっと食後酒の文化を多くのお客様にお勧めするように!」・・・と
はっぱをかけられたのでした・・・wobbly

2008年1月20日 (日)

友達の輪

シェフの友人・・・今回は愛知県にお住まいで
Net Gemeを通じて交流が始まった方・・・から
2種類の貝を頂きました。

近づいて見ると・・・eye    ほっき貝                ミル貝


                  そして毎度の展開でまかない食卓に登場sign01
                        
                          殻ごと焼いたものにお醤油をたら~り・・・
                          結構なBig Sizeです。


コリコリ食感が新鮮さを実感できるお刺身。
他にも茹でたものをポン酢でいただき、
磯の香りを満喫scissors
私としては今、話題の《すきやばし次郎》で
握ってもらいたかったなぁ~・・・happy01


以前、宮城県の友人からのヤーコンをこの場で紹介しました。
私がこの場で全国の方々と交流を深めているのと同様、
シェフの友達の輪も確実に広がっているようです。
今さらながらインターネットの力に脱帽。

☆yossi☆さん・・・ご馳走さまでした・・・foot
いつか是非とも神戸でのオフ会を実現させて下さいねnote

2008年1月18日 (金)

冥福を祈る・・・


日付が変わってしまったので・・・
昨日1/17は寒かったですね~mist
そしてあの阪神大震災から丸13年が経過しましたclock

暗くなってから東遊園地に出かけました。
店から徒歩15分くらいの距離です。
新聞社かTV局の撮影用のヘリコプターの羽音を上空に聞きながら・・・
ルミナリエのメイン会場でもあるこの場所ですが、
今日は静かに鎮魂を祈る空気が漂っていました。
【1.17】に形どられた(上空から見ないと確認できません)蝋燭に
火を灯してから記帳、そして献花。

献花を浮かべる水の(ガラス)の
下には犠牲者のお名前が刻まれた空間があります。

前にも書いたかもしれませんが、
私は阪神大震災を体験していません。
家族、親戚、そして知りうる範囲の友人にも犠牲者はなく、
だから故郷・神戸の一大事に立ち会えなくて複雑・・・
今夜もあの場所で自分が「よそ者」のような気がして
寂しく思いました。


そして・・・とても個人的な話題になりますが、
一昨日、親戚の高校生の男の子が闘病の末、亡くなりました。
昨夜のお通夜、今日のお葬式と参列しましたが、
彼の両親にかける言葉も見つからず、
sadを止めるコトができませんでした。
無念であったろう彼の遺影に
「天からお父さんとお母さんを見守ってあげて・・・」と
手を合わせるのが精一杯でした。


震災の犠牲になられた方々、そして
短い人生を精一杯生きたYクンの冥福を祈る1日でした。


2008年1月15日 (火)

残りわずかですが・・・

3連休の初日・・・信じられないほど暇モードの中
1本の予約telephone
「明日の夜、予約したいのですが・・・ジビエはまだありますか?」

2ヶ月ほど前、京丹後市から
泊りがけでご来店いただいた若いご夫妻からでした。
その日の食後にジビエについて
お話させていただきました。
それが今回のご来店につながったようです。

かなり迷われましたが、山うずらと真鴨に挑戦。
期待と不安と共にスタートしたディナーは
結果・・・「はるばる来た甲斐がありましたsign01」のお言葉・・・happy01scissors


山うずらが意外に大きくて驚かれた・・・とのお話でしたので、
改めてここでその姿を公開しておきます。downwardright


「またジビエの季節に是非ご来店下さい。
次回は雷鳥などに挑戦されて下さい。」・・・と私。
「あ~ぁ・・・富山から?」と真顔の奥様に一同沈黙・・・sweat01
日本の雷鳥は天然記念物ですpunch
召し上がっていただけませんので・・・あしからず。

ジビエの季節も終盤です。
残りわずかですのでお急ぎ下さい。
そして、私の話をお心に留めていただいたお2人・・・
ありがとうございましたfoot

2008年1月13日 (日)

人気上昇中!

最近、ランチの前菜で人気上昇中の一品heart02
それが《自家製キッシュ》です。
今日はその作り方を大公開で~すsign01

まず、材料紹介down


 玉葱とキノコ                       ベーコン(あとポテトを用意)

伸ばしたパイ生地に重しをして焼きます。

      downwardrightこんな感じに焼きあがります。



その中に具材を敷き詰めて
アパレイユ(溶き玉子・生クリーム・牛乳)を・・・

そして・・・粉チーズを加えて焼き上げたら・・・downwardright


具材ぎっしりのキッシュのでき上がりrestaurant
玉子でフワフワ・・・って感じではない
キッシュのイメージ払拭の一皿です。

                                                                熱々のバターをソースに召し上がっていただきます。

神戸 フレンチ ヴィザヴィ のサービス一覧

神戸 フレンチ ヴィザヴィ