プロフィール

フォトアルバム
エリザベス

厨房との垣根を飛び越えてカメラ片手に(両手かな?)フランス料理店の舞台裏をご紹介。お店が目指すアットホームな雰囲気が伝わればいいなぁ~・・・と日々格闘中です。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

ジビエ Feed

2017年10月21日 (土)

先週は初挑戦の方も・・・

先週のジビエをご紹介しておきましょう。

P1130165 ウズラ本日のジビエ=山ウズラ・ルージュ(No.10)

最初は仔羊をご注文だったのですが、
卓上の案内をご覧になられてから
「今からでもジビエに変えられますか?4
と、ジビエに初挑戦されました。
初めてというコトで、山ウズラに決めていただいたのですが、
全然へっちゃらだったようで、ちょっと肩すかしsign02
次は別の獲物にトライして下さるそうです。

P1130170 はと本日のジビエ=森鳩(No.11)

OBスタッフがジビエのスタートを嗅ぎつけてsign02
彼氏と一緒にご来店。
色々と迷った末に森鳩をチョイス。
こうして、OBスタッフが当店のお料理を楽しみにしてくれるって、
ホントに嬉しいコトですhappy01

P1130186 はと本日のジビエ=森鳩(No.12)

P1130189

雷鳥(冬羽)本日のジビエ=雷鳥(No.13)

それぞれのお誕生日(春と秋)に必ずご来店の
キャリアレディーお2人・・・
いつもお仕事のお話に花を咲かせていらっしゃいます。
今年もきっちり、予定通りにご来店下さいました。
春の時点では
「フランスの鳥インフルエンザの影響で、
 今年の秋のジビエは微妙かもsign02
なんてお話していたのですが、
今回もちゃんと召し上がっていただけてよかったぁ~~happy01scissors


こんな風に、少しずつジビエが定着して来て
ホントに嬉しいですが、まだまだ・・・
次の挑戦はあなたでしょうか~sign02
アッ・・・そう言えば、
来週には雑誌のジビエ特集の取材を受けます。
ジビエ熱、広がるかなぁ~~confident

2017年10月14日 (土)

リピーターに愛されて

先週のジビエをご紹介しておきましょう。
こんな黒っぽいお皿ばっかり並べてどうなんだ・・・ビックリ
って声も聞こえてきそうですが、
ジビエをもっともっと身近に感じていただきたい・・・
ジビエを知ってもらいたい・・・
そんな思いで綴っています。
どうぞ気楽に、気長におつき合い下さいませ~~


P1130117 雷鳥(冬羽)本日のジビエ=雷鳥(No.7)

ご予約telephoneを受けた際、いきなり
「雷鳥を頂きたいと思います」とのお申し出でしたので、
「もしかして、以前にもご来店下さいましたか?4
と、お伺いしましたら
「去年は鳩を頂きましたので、今年は・・・」とのコトでした。
ホントにキレイに、どの部位も付け合せも1つ残さずに
召し上がって頂きました。
「思っていたより胸は柔らかくてビックリしました。
 キノコも大好きなので、大満足の一皿でした。」
と、ゆっくりと感想もお聞かせ下さり、
ジビエを提供する側の冥利に尽きる夜となりました。



006_2 ウズラ本日のジビエ=山ウズラ・ルージュ(No.8)

008  雷鳥(冬羽)本日のジビエ=雷鳥(No.9)

こちらのお2人は、
毎年この季節にご来店下さいます。
そして、必ず雷鳥は召し上がられます。
今年もご他聞に漏れず、完食して下さいましたhappy01scissors
「例の・・・キレイに食べられる方は?4
と、お尋ねを受けました。
「今季のジビエはまだ召し上がられてないんですよ~」
と、お答えしたのですが、
その伝説のお客様を意識されたかビックリ
・・・と思えるほど、キレイなお皿が戻って来ました。
ありがとうございましたありがとうございます


あとお2人、「ジビエを召し上がられるのではビックリ
と、予想していたお客様がいらっしゃいましたが、
(もちろんリピーターのお客様です)
今回は別のお料理になっちゃいました。
それは、それで全然いいのですが、
ちょっと肩透かしをくらった感じの私・・・なのでしたcoldsweats01


まだまだジビエはスタートしたばかり。
皆さまの果敢な挑戦・・・お待ちしております。

2017年10月 7日 (土)

先週は鳩が人気でした


先日、今季第1号のジビエについては
いち早くご紹介しましたが、
その後の展開はこんな感じ・・・
先週のジビエをご報告しておきましょう。

P1130061 はと本日のジビエ=森鳩(No.3)

ぐるなびブログ活況時からのご縁で、
大阪出張の翌日のお休みを取って
千葉からお越しいただいたhiroさん・・・
ずっと以前に、雷鳥と雉を召し上がって頂いたんですが、
今回は森鳩に挑戦して下さいました。
早くから出張の日程は決まっていたので、
ジビエが間に合うかどうか・・・心配でしたが、
タイミングよく召し上がっていただけて安心ほっでした。


P1130070 はと本日のジビエ=森鳩(No.4)

そして、週末には森鳩が続きました。
メニューをご覧になって、
ご来店してからジビエ挑戦を決めて下さいました。
嬉しいですねぇ~~
これからこんなお客さまが増えるといいなぁ~~


そして、堺からお越しのご夫妻は、
ジビエをとても楽しみにして下さっていました。
で、選ばれたのがdown

P1130074はと本日のジビエ=森鳩(No.5)

奥さまは悩みに悩まれて、
「ウズラは前に食べたしなぁ~
 でも、雷鳥にそそられるなぁ~」
・・・の末に森鳩をチョイス。

P1130072_2雷鳥(冬羽)本日のジビエ=雷鳥(No.6)

ご主人は「雷鳥はもっと後に取っておこうかなぁ~」
と、おっしゃっていましたが、
「無くなってしまったら・・・」の可能性もお伝えして、
The Gibierに挑戦していただきました。


結果、お2人とも大満足happy01scissors
こんなにストレートに楽しんで頂けると、
提供する側もホントに嬉しいです。
シェフもまんざらでもなく、にんまりしておりましたにやりかおにやり


こんな感じで、先週は森鳩が人気notesでしたが、
今週も入荷が続いておりますのでご安心を・・・wink

今日から3連休・・・ヴィ・ザ・ヴィのお席はまだemptyいております。
皆さまのご来店、お待ちしております。

2017年9月28日 (木)

今季第1号は・・・

先日、突然にやって来た・・・
と、ご報告しましたジビエは、
既に召し上がっていただけるようになりました。


で、昨日のランチタイム、いきなり、
予想もしていなかった展開で
お召し上がりいただいた今季第1号は・・・down

002ウズラ本日のジビエ=山ウズラ・ルージュ(No.1)

初めてのジビエ体験にオススメしている
この山ウズラは淡白な白身で
全然抵抗なく召し上がっていただける・・・はず。
そして、このソース・・・色艶も良く、
この肉とベストバランスgood

もう1種・・・

004 鹿本日のジビエ=蝦夷鹿(No.2)

こちらは年間を通じてご提供しているので、
私としてはジビエ感が薄い・・・のですが、
やっぱりジビエの浸透には欠かせない存在なので、
ご紹介しておきますねwink
ソース・ポワブラードは胡椒をきかせた赤ワインソース・・・
セロリラブのピューレもご一緒にどうぞ~~


こうして、今年も始まりましたsign03
皆さまの挑戦・・・お待ちしておりますhappy01

2017年9月23日 (土)

師弟揃って・・・

一昨日の夜night
静かな営業の中、
ホントに静かだなぁ~~と思っていたら・・・


こんな地味な作業が進行していましたdown

030

035

clock
clock
clock

そして、師弟揃って・・・

040
ジビエの処刑が始まりました。


よって、無事にフザンダージュ(熟成)を終え、
もう今季のジビエをお楽しみいただけますhappy01scissors
さぁ~て、第1号はどなたになりますでしょうか?4
ご予約・お問合せ、お待ちしております。

2017年9月16日 (土)

来ましたよ~~!!


月末にご予約のお客様から
「ジビエはまだ無理ですよね?4
と、お問合せを受け、シェフに確認したのが3日前・・・
その際の返事は「まだ、何の情報もないthink
と、素っ気なかった。
clock
clock
clock

そうしたら、昨日、突然down

016 

やって来ましたsign03
今年もジビエの季節が始まります。

詳しくは改めてご紹介させていただきます。
今、フザンダージュ(熟成)中なので、
召し上がっていただけるのは9月最終週・・・かなビックリ

2017年3月11日 (土)

また、春仕様で・・・

先日、蝦夷鹿だけになった・・・と、ご報告したジビエ、
その蝦夷鹿を召し上がって頂きました。

多分、1月に、いつもご一緒のお母さまが
ジビエに初挑戦されたので、(その獲物は山ウズラでした)
今回は私が・・・というコトだったのではないでしょうか。
お嬢さまがから「ジビエ、まだありますか?4」と尋ねられ、
「あとは蝦夷鹿だけになるんですが・・・」と応じた私に、
「じゃ、それをお願いします」と即答。
嬉しい反応でしたhappy01scissors

で、お出ししたお皿がこちらdown

P1110805 鹿本日のジビエ=蝦夷鹿(2016 No.77)

量もソースも従来通りですが、
やっぱりどこか春らしさ感じる一皿になってました。
ご本人も、そして、お母様もびっくり敏感に反応、
ジビエを堪能して頂きました。
是非、来シーズンは別の獲物にも挑戦していただきたいです。


で、これを持ちまして、
2016年度のジビエ紹介は終了とさせていただきます。
まだ、今月後半に蝦夷鹿のリクエストを伺っていますが、
それはそれとして、sevensevenというキリのよい(sign02)ところで、
いいですよね?4
また、来シーズンもヴィ・ザ・ヴィのジビエをお楽しみに~~wink

2017年2月23日 (木)

残るは蝦夷鹿だけとなりました

先週末にジビエ挑戦と言うか、ご注文が続き、
あれよあれよ・・・という間に
残るジビエは蝦夷鹿だけとなりました
嬉しいような、寂しいような・・・複雑な心境です。


では、そんな先週のジビエをご紹介します。

P1110729 ウズラ本日のジビエ=山ウズラ・グリ(2016 No.73)

何年か前から、時々お顔を見せてくれるようになった
中・高の同級生・・・
特に親しいわけではありませんでしたが、
出席番号続きで、高3の時は近くに座っていたような・・・
そんな彼女のパートナーが、
「今日はコレが食べたくて・・・」とジビエに初挑戦。
とっても美味しかった・・・と、ご満足いただきましたhappy01scissors

P1110731 雷鳥(冬羽)本日のジビエ=雷鳥(2016 No.74)

こちらは、定連のご家族・・・
ご主人は毎年、この時季はジビエを召し上がられるようになり、
昨秋には森鳩、そしてこの日は最後の最後の雷鳥。
楽しみにして下さっているようで、嬉しかったです。
その成長が楽しみなお嬢さまも
春には小学4年生・・・いつかジビエ挑戦されるかしらcoldsweats01


P1110737 鹿本日のジビエ=蝦夷鹿(2016 No.75)

P1110738
ウズラ本日のジビエ=山ウズラ・グリ(2016 No.76)

それぞれのお誕生日に
はるばる堺市から、お宿を取って来て下さるご夫妻。
この日、奥さまのお誕生日のお祝いに
ご用意したSpecial Menu・・・
ただ、メイン料理はお好きに選んでいただきましたところ、
お2人共別々のジビエを選択されました。
「他のお肉と比べて、濃厚、そして力強くて美味しい」
と、ハマって下さいました~happy01scissors



で、繰り返しますが、
今季のジビエ・・・残るは蝦夷鹿だけとなりました
蝦夷鹿はクセがなく、
柔らかい赤身のお肉です。
胡椒をきかせた赤ワインソースで・・・いかがですか?4

danger本日、ランチタイムは残り1卓emptyという状況です。
間違いなくバタバタsweat01sweat01しております。
ご来店の際は、telephone直接お確かめ下さいませ~~ごめんなさい

2017年2月18日 (土)

春を感じさせる・・・ジビエ

一昨日、春の息吹=ホワイトアスパラガスをご紹介しました。
そう・・・もう、春を待ちわびる食材が
どんどん届き始めています。


そんな季節に反する(sign02)ようですが、
まだ、ジビエもお楽しみいただいています。

先週はこんなお皿をsign03

P1110690 鹿蝦夷鹿のロティ ソースポワブラード(2016 No.72)

ジビエですが、どこか春らしいでしょうsign02
蝦夷鹿はもうしばらくご用意okです。
是非、柔らかい赤身のお肉をご賞味下さい。

danger本日、ディナータイムは混雑しております。
ご来店の場合は、telephoneお問合せをお願いします。

2017年2月 4日 (土)

国産の真鴨・・・恐るべし!

今年もアッと言う間に1ヶ月経過。
ヴィ・ザ・ヴィのジビエシーズンも
いよいよ終わりの時が近づいて来ました。


そんな中、去年の12月に来られた際に、
(その際は、雷鳥と蝦夷鹿を召し上がられました)
「できれば真鴨が食べたいんですが・・・」
と、お伺いしていたご夫妻のリクエストにお応えして、
仕入れた国産の真鴨・・・
その姿は既にsoonこちらでご紹介しました。

では、早速、その晴れ姿をご覧いただきましょうdown

002マガモ本日のジビエ=真鴨(♀)(2016 No.69)

とってもご満足いただきました。
国産の真鴨・・・恐るべしですhappy01good
と、その野性味たっぷり、しっかりした歯応えを
ご堪能いただきました。
奥さまのリクエストだったのですが、
少しお味見されたご主人も興奮されるほど。
で、好物のこちら↓が、ちょっと印象薄になってしまった・・・かもsign02


003
はと本日のジビエ=森鳩(2016 No.70)


そして・・・
この真鴨をfacebookで紹介したら、
早速に反応があって、
もう1人前もアッと言う間にdown

009
マガモ本日のジビエ=真鴨(♀)(2016 No.71)

こちらのご夫妻・・・
私たちの長崎・ハウステンボス時代の同僚の、
大学時代の同級生で、
数年前にそのご縁から繋がりました。
この日は奥さまのお誕生日というコトで、
初ジビエに挑戦・・・ご満足いただきました。

が、ご主人には強烈すぎたようですcoldsweats01
「ジビエでもクセの少ない種類もありますので・・・」
と、シェフも私も、来季のご案内をした次第です。


で、今季のジビエも70を越え、71まで来ました。
昨シーズンは83でした。
そして、その前のシーズンは69でした。

で、改めて今季のジビエの在庫は・・・
雷鳥(冬羽)本日のジビエ=雷鳥:1
ウズラ本日のジビエ=山ウズラ・グリ:2
鹿本日のジビエ=蝦夷鹿:10


今季ラストのジビエ体験、いかがでしょうか~

神戸 フレンチ ヴィザヴィ のサービス一覧

神戸 フレンチ ヴィザヴィ